アドベンチャーワールド

南紀白浜”アドベンチャーワールド” 

アドベンチャーワールドへのアクセス&入園券

アドベンチャーワールド詳細

アドベンチャーワールドは「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマに、日々新たなことに取り組み挑戦する。動物園・水族館・遊園地の3つを併せ持つ全国でも珍しいスタイルのテーマパークである。園内には数々の施設があるが、ジャイアントパンダの飼育展示、広大な敷地に放し飼いにされた動物たちの中をケニア号が進むサファリツアー、イルカ、クジラ、アシカショーなど、自然界を代表する動物が総覧できるパークは日本でもここだけであり、その事がここを有名にさせている所以である。

アドベンチャーワールドは人間と動物のふれあいがテーマのワンダーランド
マリンワールド   イルカや鯨、アシカなどのライブショー
サファリワールド  草原で暮らす世界の動物達に徒歩やサイクリングやカートで肉食獣のいる所ではジープや二階建てのバスで見て回れます。
パンダランド     平成17年8月誕生パンダの赤ちゃんに会いに行こう。
エンジョイワールド 小動物たちとのふれあい広場

紀州MAP 南紀白浜アドベンチャーワールド 
アドベンチャーワールド マリンワールド アドベンチャーワールド ペンギン王国 アドベンチャーワールド 草食動物 アドベンチャーワールド 肉食動物 アドベンチャーワールド パンダランド アドベンチャーワールド 海獣館

マリンワールド

ペンギン王国

草食動物

肉食動物

パンダランド

海獣館

和歌山見所.NET みんなが選ぶ和歌山の見所掲示板

アドベンチャーワールドでの記念に投稿してみませんか?

 アドベンチャーワールドで撮影した動物たちの写真の投稿 アドベンチャーワールドに関係のあるブログの広告等にお使いください
また、和歌山に関係のあるブログやサイトの宣伝もOKです。掲示板に投稿する

アムールトラアドベンチャーワールド”より

アムールトラ Panthera tigris altaica (英名:Amur Tiger)は、トラの中で最大の亜種。また最も北に生息するトラでもある。別名、シベリアトラウスリートラチョウセントラ。雄は体長3 m 、体重300 kg に達する。主な生息域は、ロシアと中国北東部の国境を流れるアムール川やウスリー川(アムール川の支流)周辺のタイガである。また北朝鮮にも生息が確認されている。アムールトラの個体数は500 頭程度と推定され、絶滅が危惧されている。ベンガルトラのホワイトタイガーのような白変種はまだ確認されていない。

ジャイアントパンダアドベンチャーワールド”より

白と黒にはっきりと分かれた体毛が特徴である。コビトカバ、オカピとともに世界三大珍獣に数えられる。

1869年3月11日、博物学に長けたフランス人宣教師のアルマン・ダヴィドが(現在の)四川省西部宝興県にて地元の猟師が持っていた白黒模様のパンダの毛皮を欧米人として初めて発見した。後日、パリの国立自然史博物館に毛皮と骨などを送った。これがきっかけとなり、ジャイアントパンダの存在が広く知られるようになった。

ホワイトタイガーアドベンチャーワールド”より

ホワイトタイガーはアルビノとは異なり、ベンガルトラの白変種である。ホワイトタイガーは、普通のトラでは黄色になる部分の毛が白く、且つ黒縞の色が薄い。元々トラは北方の寒冷地で誕生した(トラの北方起源説)とされ、白変種の遺伝子を持っていることは、特に驚くべきことではない。 なお、白変種の遺伝にはメンデルの法則が当てはまるとされる。

ラッコアドベンチャーワールド”より

ラッコ(猟虎、海猟、Enhydra lutris、英:Sea otter)はネコ目(食肉目) イタチ科 カワウソ亜科に属する哺乳類の一種である。体長は55-130cm、体重も40 kgを越すことがあり、イタチ科では最も大型の種である。千島列島、アラスカ、カリフォルニアなどの北太平洋沿岸に生息している。分布の北限は北極海の氷域であり、南限はカリフォルニアのジャイアントケルプの分布の南限と一致している。「ラッコ」の名はアイヌ語の "rakko" に由来する。

アドベンチャーワールド入場券付き宿泊プランを探す アドベンチャーワールドへのアクセス

南紀白浜アドベンチャーワールド 交通アクセス


より大きな地図で アドベンチャーワールド を表示
京都より 紀勢本線特急:約2時間50分
大阪より 紀勢本線特急:約1時間50分
名古屋
より
新幹線+紀勢特急:約3時間50分
紀勢本線特急:約5時間30分
東京(羽田)より 航空便:60分
南紀白浜空港からバスで約5分
JR白浜駅からアドベンチャーワールド行きの直通バスがあります(所要時間10分)
車(大阪方面より) 阪神高速・阪和自動車道・海南湯浅御坊道路・42号線〜阪和自動車道 南紀・田辺IC〜R42を白浜方面へ

アシカ海驢)は、鰭脚類アシカ科のうち、長い体毛を持たないなどの特徴を共有する種の総称である。この定義では、トド、オタリアもアシカの一種である。

また、狭義にはアシカ属、広義にはアシカ科を意味することもある。

アシカ科にはアシカとオットセイが属し、アシカ亜科・オットセイ亜科としてまとめられることもある。ただし、系統的には否定されている。

オーストラリア、ニュージーランド、南北アメリカ沿岸に生息している。日本でも、20世紀初頭まで、ニホンアシカ Zalophus japonicus が、伊豆諸島を中心に生息していたが、近年絶滅したと見られる。

ペンギンについて

ペンギン (Penguin) は、ペンギン目(学名:Sphenisciformes)・ペンギン科(学名:Spheniscidae)に属する鳥類の総称である。南半球に生息する海鳥であり、空を飛ぶことができない。

なお今では使われることは稀だが、「人鳥(じんちょう)」という表記もある